吃音者や元吃音者には世界的な俳優やアーティスト、政治家などの有名人は多く、才能豊かで優秀な人の割合が多い傾向があります。

 

参考:どもりを克服した有名人達

 

 その理由の一つとして吃音者の特徴に「感受性が強い」ということがあります。

 

感受性が強いと文学や芸術作品、仕事への理解が深く才能も高くなり、人の心の機微にも敏感であるという優れた面がありますが、それだけ感情が繊細で傷つきやすく、ちょっとした人の顔色や態度や言葉にも傷つきやすいということもあります。

 

 また意識過剰でもあり、話すときにも過剰に自意識が働いてしまいどもってしまうのです。

 

 
良い面でその特徴が発揮できれば、その繊細な感性と才能を生かして大きな仕事を成し遂げる可能性も秘めている反面、吃音のために全てに今一つ積極的になれず、周りの顔色を窺って図太く自分をアピールしていく事も大変なく胃痛を伴うこともあります。

 

 サラリーマンであっても吃音がコミュニケーションの弊害になり、たとえ営業職のような業種でなくても、社内政治的な事は不得意となってしまい、会社での出世が思うようにいかないと感じていらっしゃる方も多いようです。

 

吃音を克服すれば一気に能力が開花する可能性も

 

 

しかし、逆に言えば吃音者が吃音さえ克服できれば、その高い才能を存分に発揮してあらゆる分野で高い成果を残せる可能性を存分に秘めています。

 

 

 実際に吃音を克服した後に学者や文学者や芸術家、会社経営者のみならず、俳優や政治家、アナウンサーなど言葉を武器にして活躍する職業で世界的に有名になった方も多く、吃音の克服は世界の多彩な人的財産を生み出す事といっても過言でないかもしれません。

 

 

  昔は吃音というものは「治らないもの」、「身体的な異常」ともとらえられてきており、吃音の強制はもっぱら発声練習や発音練習の繰り返しでしたが成果はあまり芳しくありませんでした。

 

 しかし今ではネットなどの情報インフラの普及により、世界中の吃音者が独自に克服した方法や、最新の脳科学などの情報が広く共有されるようになり、吃音を克服出来る確率は劇的に上がりました。

 

 もう吃音は「治らない病気」ではないのです。

 

 

自身が20年近く重い吃音に苦しめられていた中村祥氏が、それらの最新の脳科学や心理学をまとめ、さらに自分で吃音を完全に克服した身を持って経験した体験と感覚を余すことなく記録し、体系化した教材が「吃音(どもり)・改善プログラム【M.R.M】」で、多くの吃音者がこのメソッドにより早期に吃音を克服し、その中には各分野で成功を収めた方も多く、克服した方たちはそれまで重くのしかかっていた吃音の悩みから完全に開放されて、克服前とはまるで違う新しい感覚の人生を歩んでいます。

 

 これは吃音を克服した方にしかわからない感覚だといいますが、同時にほとんどの方は自分が過去にどもっていたという感覚さえ忘れてしまうそうです。
 
 今、一日でも早く吃音の悩みから解放されたい、とお考えでしたら「吃音(どもり)・改善プログラム【M.R.M】」をご検討いただくことをお勧めいたします。

 

このプログラムは、最新の吃音克服への方法が凝縮されたマニュアルとビデオセミナー、フォローアップメールと充実した内容ですが、費用はこれらの教材費のみでその後は一切かかりません。

 

しかも全額返金保証がついていますので、万一このプログラムで吃音があまり克服できなかったとしても、費用は全額返金してもらえますので全くリスクがありません。

 

あとはこのプログラムを取り寄せて吃音克服に本気で取り組んでみるか、やらないか、の違いでしかありません。

 

 

吃音(どもり)・改善プログラム【M.R.M】トップページ